検索
  • 宮川 朋子 ライフエネルギーコーチ

耳の中で音がする。

耳垢が溜まっているのか?と綿棒を入れてみるが何もない。


しばらく様子をみよう、と1週間、2週間。まだ音がする。

気になるから病院へ行こう、とネットで近所の耳鼻科を検索。

検索した日はお休み。もう少し様子をみよう。

3週目あまり音がしない。4週目、やはり時々音がする。

やっぱり行こう。


病院受付でアンケートに「右耳でパカパカ音がする」と記入。

先生が「まず先に鼻、口を見ます。大丈夫です。次は左耳を見ます。こちらも大丈夫。」

「では問題の右耳を見ます。あっ!」なんだ?!

「鼓膜の上に耳垢がのっています。」

「ピンセットでは取れないので、吸引します。ガーと大きな音がします。」

ガ―、ビュー、ボー。

「細かいのは吸引されているのでお見せ出来ませんが…」

「あっ、取れました!」

と先端にペロンと乾いた大き目の耳垢さん…。


その後、音もしなくなり、すっきり!

耳の中は自分で見えない、早く見てもらえばよかった~。 「耳垢を綿棒で耳の奥に運んでいる場合があるので、注意して下さい」と先生。

どうしたらいいのか、と耳の本を読んでみる。

「耳かきは掃き掃除、綿棒はふき掃除」

乾燥耳垢の人が綿棒で風呂上りに耳掃除をすると、耳垢を耳壁に伸ばすだけで垢はとれていない、らしい。


ちょっとした違和感は色々教えてくれる。 https://www.beautylifeenergy.com/

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示